New project start !

2013.10.29.Tue.14:26
1-1-B.jpg

1-2-b.jpg

1-3-B_201310291408421eb.jpg


現在、お客様と新しいJACKシリーズ建造に向けて打合せ中です。
造船所とお客様の希望を細かく打合せして、とてもクールなデザイン
の3D(ハル)図面が出来ました。
これからデッキのデザインに入っていきます。

船体はお客様の保管されているマリーナのご都合に合わせまして
63フィート(19m)、エンジンは来年から新しく発売される
ボルボIPS-950シリーズ又は1200シリーズをご検討されています。

まだ全貌は、ご紹介する事はできませんが、船体のデザイン(レイアウト)等
お客様の海での遊び方がはっきりと分かる、とても楽しそうなボートになっております。

新しいJACKシリーズの誕生です。
どうぞ お楽しみに!

スポンサーサイト

Heat Exchanger ( Indirect cooling system)

2013.10.26.Sat.08:21
「原因不明....ヒートがなおらない」 「マフラーからは海水がたくさん出てます」
「海水ポンプインペラーは交換しました」

原因を追究していきましょう。

まず、海水ポンプのインペラーは交換済みだという事なので信用して次に進みます。
次はHeat Exchanger (熱交換器)を疑います。
少し面倒ですが熱交換器のカバーが確認できるまで廻りの部品を外していきます。
カバーを確認しました。

P1150688-3.jpg

よし、カバーを外しましょう!

P11506981-1.jpg

でました! 海水ポンプからくみあげられた海水冷却水は、
まず、仕切られた①室のストローの様な穴の通路を通ります。
①室にある13個の穴の内、4個しか通路穴が確認できません。
約3分の2通路が見事に塞がっています。
これでは、高速回転時、海水冷却水量が足りずヒートしてしまいます。

P115070-2.jpg

思い切って全部分解してスケール洗浄剤(酸洗い)しました。
海水冷却水の通路もすべてピカピカに開通して、本来の熱交換器の機能を取り戻しました。
分解部を再生組立して修理完了です。
今回は良く確認して頂けるように写真を大きくしてみました。

知ってました?僕って本当は、メカニックだったりして.....





BOAT SHOW

2013.10.07.Mon.08:25
ph-1.jpg

関西フローティングボートショーが無事終わりました。
たくさんのご来場の皆様、クリエイションブースへ
お越し頂いて有難うございました。
皆様のおかげで大変、有意義なボートショーとなりました。

引き続き「クリエイションフローティングボートショー」
を開催いたしますので、ぜひお越しくださいね。